ショップ情報
磯田めいこ
MEICO'S JADEへようこそ!
本翡翠・マオリのお守りペンダントをニュージーランドのトップブランド店から直輸入販売しています。高品質の翡翠は神秘的なパワーを持っています。そしてマオリ伝統のカービングの形にはそれぞれ深い意味が込められています。この美しいペンダントは人から贈られるとより効果を発揮し、永く身につけるほどパワーが増すといわれています。
大切な人同志お互いに、このペンダントを贈り合いましょう。そしてあなたの願いが叶いますように! 当サイトに掲載している以外にも沢山の種類がありますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。 在庫のある場合は即日発送いたします。在庫のない場合は、本国よりお取り寄せとなりますので、2週間ほどお待ちください。
また当店ではケニアのフェアトレードブランドAcacia Creationsのリサイクルペーパービーズで作られたカラフルなエスニックアクセサリーも輸入販売しています。どうぞそちらもご覧ください
ショップブログ
カートの中に商品はありません。
RSS
ATOM
〜マオリ文化とグリーンストーン〜 Tena Koutou. マオリのポウナム神話とタンギワイ伝説 ポウナム神話  南島の西海岸には海を回遊するポウティニという名前のタニファ(水棲の怪物)がいました。ポウティニはカフェという神に仕えていたため、その神の霊力によってポウナムの霊的な力を生み出していました。  ある時、ポウティニは敵のファティプに追われ、ベイ・オブ・プレンティー(北島の北海岸) 近くのトゥフア(マイヤー島)に避難しました。彼はそこへちょうど水浴びに来た美しい女性、ワイタイキに心を奪われ、ファティプに見つかる恐れがあるにもかかわらず彼女を誘拐し、南島のミルフォードサウンドへ向かいます。  ワイタイキの夫、タマアフアは自分の妻が誘拐されたことに気付き、北島から南島にポウティニを追いかけます。どうしてもワイタイキを自分のものにしておきたかったポウティニはアラフラ川の主流のすぐ近くで、彼女を自らの霊―ポウナムに姿を変えさせそれを冷たいアラフア川の底に横たえ、自分は川を下り、海に逃げました。ポウナムに姿を変えたワイタイキはすべてのポウナムの「母なる源」となったのでした。それを知った夫のタマアフアは北島に戻り、嘆き悲しんだといいます。  それ以来ポウティニは西海岸の沿岸をその土地とワイタイキのポウナムの守護霊として回遊しています。この海岸は「テ・タイ・ポウティニ(ポウティニの潮)」と呼ばれ、ワイタイキのポウナムがあるといわれるアラフラ川の支流は「ワイタイキ」と呼ばれるようになりました。 また、ナイタフ族に伝わる伝説では、水で冷えたワイタイキの体を温めるためポウティニが火を灯した場所からは、ジェイドを細工するために必要な鉱石が採れるようになった。と言い伝えられています。 この話が転じ、妻 ワイタイキをさらわれ嘆き悲しんだタマアフアの涙が石に落ち、ポウナム ヒスイに変わったと語り継がれている、タンギワイ伝説も有名です。 どの伝説をとっても、マオリがいかに万物の神を崇拝し、グリーンストーンにその願いを込めて大切にしていたかがよくわかりますね。 また神話に出てくる地名が登場人物に由来していることが多いことから、ニュージーランドのどこに暮らしていても、その土地はグリーンストーンに密接に関係していると思えます。 グリーンストーンをプレゼントされる際に、大切な人へ思いをはせたワイタイキの物語を思い浮かべて、その小話も一緒に贈られてみてはいかがでしょうか。 Ka kite ano  ©Mone Isoda

商品はこちらからご覧下さい

ネックレス
チェーンネックレス
ブレスレット
ピアス・イヤリング
オーナメント・装飾品
エスニックアクセサリー